ホーム > 就業規則や労働契約書の作成

就業規則や労働契約書の作成

就業規則の作成
就業時間、賃金、残業代、退職、休暇、セクハラ、パワハラ・・・
会社の就業規則は、法律違反していませんか?
トラブルから会社を守るために機能していますか?
就業規則は会社を守るための大切なルールです。
社員数が常時10人以上になると、労働基準法によって就業規則の作成が義務づけられています。
しかし、作っていない会社が多いのも事実です。
就業規則を作る際には、下記のように決めなければいけないことが意外とたくさんあります。
  • 始業、終業の時刻
  • 休憩時間
  • 休日
  • 休暇(年次有給休暇、育児休業、生理休暇など)
  • 賃金(基本給や各手当)の決定方法、計算方法
  • 賃金の支払の方法
  • 賃金の締切日と支払日
  • 昇給について
  • 退職、解雇及び定年の事由
  • 退職、解雇及び定年の際の手続きなど
また、たびたび改定になる法律に伴い、就業規則も変更していかなくてはなりません。
しかし、きちんとした就業規則を作り会社のルールを明確にしておくことにより、残業代や労働時間に関する従業員とのトラブルを防ぎ、会社全体が円満に業務を行えるようになる上、労働基準監督署から指導されることから無縁になります。
わたしたちは、御社の就業規則の問題点をチェックいたします。
また、御社に代わって適切な就業規則を作成し、責任を持ってその後の管理も致します。
労働契約書の作成
社員の入社時に、労働契約書を交わしていますか?
労働契約書は、社員とのトラブルを防ぐために重要なものです。
労働時間や賃金について、後々トラブルにならない為にも、作成しておくことをお勧めします。
弊社では、御社の労働契約書に問題がないか、チェックいたします。
就業規則や労働契約書に不安点がありましたら、お気軽にお問合せください。
お問い合わせは
0296-54-4330
このページの先頭へ戻る